スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

左前?

Category : ロードバイク
ロードバイク購入時にショップの店長より、ブレーキは左前、右前どちらで組みますか?と聞かれたので、どちらが普通なのか問い返すと「左前」とのことでした。
いわゆるハンドル左側のレバーが前ブレーキになるということです。
そのときは特に何も考えずそのまま「左前でお願いします」と言われるがままに対応してもらったのですが...

実際に家にある自転車のブレーキを確認するとことごとく右前!

なぜなんだろう??

恥ずかしながら小生なぜ左前なのか良くわかっておりませんでした。



正しい答えを確認したわけではありませんが...
おそらくビンゴと思われる答えを割と最近になって発見し、嬉しくなってしまいアップしてみました。

藤井徳明さん著作「ロードバイクの科学」を読んでいたら自転車のヒールアンドトゥなる記述がありました。
ヒールアンドトゥとは自動車のマニュアルミッション車がコーナー手前の減速時に用いるテクニックです。
目的としては減速時に次の加速の準備としてシフトダウンをスムーズに行う走り屋必修のテクニックです。

ロードバイクに置き換えると、ブレーキによる減速をしながら次の加速の準備としてシフトダウンを同時に行っておく行為になります。つまりこの時左前ブレーキが有効に働いてくれるのです。

実際の操作ですが、バイクのメインシフターは右側にあるので、左前ブレーキで減速を掛けながら右側シフターで必要な分だけシフトダウンして行きます。
これが右前ブレーキでバイクを組んでしまうと、左レバーは後ブレーキになってしまい、後輪側ブレーキで減速することになりますが、これでは減速中バイクは前荷重になるので、止まろうとしてもスリップしてしまうのが関の山です。

あ、それと一般自転車が右前ブレーキというのは単に握力が右のほうが強いからだと推察します。

まあこんなことってズブの素人の小生以外の自転車乗りの方々にとっては当り前の常識なんでしょうね!

ゲンソク~ ~  カソク~ ~  キモチィ~ ~!
 
今更ながらこのテクニックの有効さに悦びを感じつつ、ついつい余計にシフトダウンしてしまうアラフォーオヤジでした。





スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

        

Comment

非公開コメント

プロフィール

CT

Author:CT
男、既婚、2児の父、サラリーマン。
好きな言葉、「簡素」。
嫌いなこと、「虚飾」。
旧車愛好者、自転車中毒者。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。