スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

ボルボ240購入動機?旧車がいい!

Category : ボルボ240
次に購入する車は荷物を積んで家族4人でキャンプに行けること。
但しミニバンについては車高が高いとタワーパーキングに入らないこと、大きすぎると走る喜びを得られないハズ!で却下。車種はステーションワゴンに絞った。

加えて、長らく暖めていたアイディアが有った。
1995年の冬、織田裕二主演のドラマ「正義は勝つ」で、クールな弁護士役に扮する織田の愛車が旧車のメルセデスのコンバーチブルだった。冬にもかかわらずコートの襟を立てオープンで疾走する姿はまさに孤高、わが道を行く...
190SL.jpg

これだ!旧車でのアプローチだ!と確信しました。

ちなみに彼のもうひとつの愛機はIBMのThink pad。B5サイズでモニターを開くとキーボードが左右にピャッと開きフルキーボードになるという優れもの。通称バタフライというタイプだった。
バタフライ

黒いダレスバックから無造作に取り出し、ビャッ!と開いて法廷で戦うその姿に痺れたものだ。
バタフライは高額で手が出なかったがThink padは個人でも2台、会社でも3台更新しており、今でもお気に入りの愛機となっている。

さて旧車というキーワードを得てから色々と次の車のイメージを揉んで行った90年代後半、その中でも気になったのが3台。メルセデスの初代190E、サーブ900、そしてボルボ240だ。

メルセデス初代190E。
メルセデス190E

現在のCクラスに続くこの車は多くの自動車評論家から今でも絶賛される程そのクオリティは圧倒的。
なんせベンツが造る始めて小型車なので、慎重で不器用なドイツ人(失礼)はこの車をフラッグシップである500SECと同じ基準で造ってしまった。他メーカーではコスト高で使えない線溶接を駆使した強靭なボディはおそらく今中古で購入し乗り出したとしても、ボディだけはシャキッとしているだろう。そのほか使用されるスイッチやウインカーレバーのしっかりとした操作感、泥がはねても視認性の良いギザギサ加工のランプ類など、一つ一つのパーツに深い哲学が宿る。
古き良きちょっと前のメルセデスを、機会があれば一度味わってみたいものだ。

サーブ900。
SAAB900

この車の佇まいはまさに独創的。アクの強いフロントマスク、プロペラ機を思わせる切り立ち大きく湾曲したフロントウインドウ、ボンネットがフロントマスク側に開くこと、イグニッションキーがサイドブレーキ脇に有ること、ダースベーダーの顔を彷彿させるこれまた独特のリアビュー。
全体的にブザイクな成りであるがこの車から発する独特のオーラは、独創とゆるぎなき自信に溢れている。
同社はスウェーデンの航空機メーカーで、自国風土の国防に適した独創的な戦闘機を造っており、その技術力は確固たるもの。また母体はヨーロッパ屈指の財閥バレンベリー一族が有する大企業群の一社。(最近経営破綻してしまったが)
大富豪にして謙虚さを忘れない彼ら一族が、日常の足として常用したであろうこの車の文化を、是非機会があれば感じてみたいものだ。

そしてボルボ240。
240正面

いかにもボルボらしいイメージ。
巨大なラゲッジスペース。
世界一の安全性を誇っていた。
意外にも近代装備。
 エアバッグ
 ABS
 4速AT(SAAB900は3速)

大自然がよく似合いそうな、こんな車でキャンプをしていたら絵になるだろうな~。
キャンプに行くにはこれしか無いという思いが日に日に強まっていった。

次回購入動機?へ







スポンサーサイト

テーマ : 愛車
ジャンル : 車・バイク

        

Comment

非公開コメント

プロフィール

CT

Author:CT
男、既婚、2児の父、サラリーマン。
好きな言葉、「簡素」。
嫌いなこと、「虚飾」。
旧車愛好者、自転車中毒者。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。